Snow Man 佐久間くん入所日の思い出(2009_2019)

Snow Man佐久間くん入所15周年おめでとうございます!
この記事は個人的な思い出のふり返りです。


2009/9/25、ジャニヲタでいうところの佐久間くんの担当になってから1年後、はじめて入所日に姿を観ることができました。
DREAM BOYS@帝国劇場(通称ドリボ) お芝居では台詞があり、空中でのアクロバット、劇中ユニットメンバーとして歌うなど、見どころがいっぱい!もっともっと観たい!そんな気持ちがわいてくる舞台でした。
当時の佐久間くんは17歳。この年に結成されたMis Snow Man(9人組ユニット)のメンバーとして、雑誌にもコンスタントに載るようになり、コンサートのバックのみならず、舞台へと活動の場が広がっていました。

2010/9/25は、舞台『少年たち、格子なき牢獄』@日生劇場に看守役で出演。
出演者は、デビュー前のエビキスさん(ABC-Z,Kis-My-Ft2)とMis Snow Manだけ!今思うと、とても贅沢なキャストです。この頃は応援するのが、ただ楽しくてワクワク過ごしていました。
毎日がHappy! (*^^*)
ジュニア担さんなら、きっと1度は通るそんな時期でした。


2011年秋には、Mis Snow Manから2人が別ユニット結成で抜け、事実上、ユニットがない状態に。阿部くんは受験のため活動をお休み。
残ったメンバー5人(岩本くん、深澤くん、宮舘くん、渡辺くん、佐久間くん)で、ジャニーズ内の舞台やコンサートのバックなどお仕事は続いていました。
この状況下でお仕事を続けた5人の心のうちを思うと苦しくなります。
佐久間くんは、ジュニアを続けるのだろうか…。そんな不安がつきまとう日々。
5人がドリボに出演することがわかったとき、ホッとしたのを覚えています。

2011/9/25、佐久間くんは帝国劇場に立っていました。
全てをぶつけるように全力で臨んでいる!そのエネルギーが伝わってきます。
努力し続けてもデビューは限りなく難しくて、ジュニアって本当に今が全て!
明日のことはわからない。
それでも、ひたむきに踊り続ける姿から、ますます目が離せなくなりました。


阿部くんが復帰後の2012年5月。佐久間くんたちは、Snow Manの名前を取り戻します。春から夏の勢いそのままに迎えた秋。
9月には恒例のドリボ@帝国劇場にSnow Man6人揃って出演。
その後ドリボには2014年まで続けて出演しています。

9/25は毎年公演があり、入所日を迎えた佐久間くんを観ることができました。
ドリボのフィナーレでは、白い衣装に身を包んだ出演者が紹介され、大階段に並んで劇中歌『Next Dream』を歌い踊ります。Snow Manも紹介される大好きなシーン。
2014年、ドリボに出演するジャニーズJr.としてのSnow Manを観るのはこれが最後になるとは、この時思ってもみませんでした。


2015年、エビキスさんたちもデビュー前に主演した『少年たち』にSixtonesとともに主演することが決定!
すでに『少年たち』の主演はSixtones、 関西ジャニーズJr.で1度発表されていました。
Snow Manは例年通りドリボに出演するものと思っていたので、本当に驚いて慌てました。
いつか『少年たち』に主演してほしい!2010年以来の願いが叶ったのです。
毎年9/25は、公演中のどこかで、メンバーが佐久間くんの入所日のお話に触れて、おめでとう!の言葉を添えてくれる。そんな時間がとても幸せでした(*^-^*)

メディア露出がなく、舞台やコンサートがない時期は、元気でいてくれるのかさえわからないこともあったけれど、9月には毎年劇場にいてくれることが救いでした。
自分で観られない日も、誰かが様子を伝えてくれる、つぶやいてくれる、それがとてもありがたかったです。
毎日劇場にいて、元気でいてくれることがわかるだけでも安心できたのです。

そして入所日(9/25)には、『今年もこの舞台に立っていてくれてありがとう。』
心から感謝の花束を贈る気持ちで観ていました。
年月を重ねるにつれ、この姿を観られるのは今年が最後かもしれない…
そんな覚悟で映像に残ることのない姿を必死に記憶しようとしていました。
自分の目に録画したい!と思ったほどです(笑)
Snow Manが出演していたころの『DREAM BOYS』、すのすと主演の『少年たち』舞台は2020年現在も映像化されていません。※映画は別物です。


年齢を重ねるごとに、佐久間くんにとってジャニーズJr. を続けることが本当に幸せなのだろうか。
人生は1度きり。ダンス・演技では、観る人を惹きつけて離さない豊かな表現力!もっと広い世界で発揮できるのでは?
余計なお世話でしかないのだけれど、そう思うこともありました。

とりわけ2018年の入所日は複雑な思いがありました。
5月に後輩のKing&Princeがデビューした年です。

Snow Manは、これからどこへ向かうのだろうと思わずにはいられませんでした。
幸い次のお仕事は11月のスケジュールが決まっていましたが、Snow Manとしては前例のない一部のメンバーだけの外部舞台だったこともこれまでとは違っていました。

Snow Manは、舞台を主に活動している先輩たちのような道を進むのかもしれない…
佐久間くんはどうするのだろう…再び不安がよぎります。

でも、2018/9/25 佐久間くんは明るい笑顔を見せてくれて、心が震えるようなダンスを魅せてくれました。『♪闇を突き抜けて』は素晴らしかったです。
ステージにいる佐久間くんを見ていると、彼はジャニーズが好きだからこそ、ここにいる!
自分の意思でここに立っているのだ!と感じるようになりました。
いつかジャニーズを去る時が来るかもしれないけれど、今はただ見ていたい!応援していたい!そんな思いでした。


2019年、Snow Man増員という驚きの変化の時を迎えます。
Snow Manの6人と加入した3人は、かつて想像もしなかった選択をしたのだと思います。
いつかジャニーズを辞める選択をする時が来るのでは…そんな不安が消せなかった自分にとって、それは想像をはるかに超えた選択でした。

デビュー決定後の9月、はじめてSnow Man9人体制で『少年たち』に出演。
2019/9/25 入所14周年をむかえた公演、佐久間くんの台詞が胸に刺さりました。

『ブレてんじゃねぇよ。何が大切なのか、みんなもうわかってんだろ。俺たちを信じろよ。』そう言いながら右手で胸を叩く!

佐久間くんが信じて選択した道、それが今日2020/9/25に繋がっていることに、心からの感謝とお祝いの言葉を贈りたいと思います。

ジャニーズを続けてくれてありがとう。
入所15周年!!本当におめでとうございます!
そしてあらためて、デビューおめでとうございます!

2020/9/25

ミニマリストになりたいジャニヲタです。 大切な思い出とともに、たくさんの物があふれています。 ひとつずつ記していけば執着を手放せるかもしれない…そんな思いで綴っています。

関連記事